2010年04月12日

プロフェッショナル仕様

昨日、カフェ クイントンマセイスでの話題、笑わせてくれたのは、この広告。

IMG_5469.jpg


ベッドのマットレスの広告です。
上半分は、飾り窓の写真。(飾り窓、御存知ですよね?)

で、その下に、
「AL ONZE PRODUCTEN WORDEN GETEST
DOOR ’PROFESSIONELE’MENSEN」と、書かれています。
これは、
「我が社の製品はすべて、プロフェッショナルな人達によってテストされています。」と、云う意味。

・・・・・www・・・・・

こういうの、説得力あるんですかね!?

みんなであんまり笑ったので、ちょっとお裾わけ。


飾り窓といえば。

アントワープから電車でブラッセルに行く時、ブラッセル北駅に到着の直前、左側にズラーっと並んでます。
カーテンが閉まってるのは、お仕事中。

その昔、初めてブラッセルに出かけた時、窓の外を見ていて、いきなりこれが現れて、眼が釘付けになっちゃいました。

その後友人、知人には、ブラッセルに行くときは左側に座るよう、お勧めしています。(笑)


今日もポチッとしてくださると、うれしいで〜す。
人気ブログ

こちらもよいかしらン?
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村
posted by マダムQ at 19:46| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アナタのお勧めに常に忠実な
私が来ましたよーーー!

Posted by 悪友 at 2010年04月13日 01:53
初めて電車から見た時は人形かと思いました〜
次に動いているのをみてビックリ!まさに眼が釘付けでした。子供に何しているのか聞かれてモゴモゴ…
Posted by chika at 2010年04月13日 02:59
>悪友殿
そうでした、あたたはいつも、われ先にと、左側の窓際に貼りつきますよね。(爆)
Posted by Q at 2010年04月13日 03:32
>chikaさん
あ、お子さんがいらっしゃる場合・・・・こまっちゃいますよね。
こちらの人達はなんと説明するのでしょうね。
今度、聞いておきます。
Posted by Q at 2010年04月13日 03:34
Q様こんにちは!
アムスの飾り窓は「世界的一」と言われてるようですが・・・何が世界一?と問われても・・・ただ、街を歩いただけなので、知性も行動力も低い僕には判りませんが、、、次回、多分、今秋、BEに行った時には、必ず!視察して所感をご報告出来ると想います(笑)電車で、左側でなくて、歩道の左側を・・・立ち止りながら。25年くらい前に、北欧・スエーデンや中欧の先進国!?を旅したときに、敬虔なキリスト教国家の都市で性に厳格な民族が何故? と、不思議でした。
ニーチエの神は死んだ!という言葉は示唆?してましたのでしょうか・・・
では、また!
Posted by omi at 2010年04月13日 09:11
なんと〜!
ベルギーにも飾り窓地区があるんですね〜!
アムスだけと思ってたのでちょっとびっくり!!
前回の旅行ではアムスの飾り窓地区には残念ながら
行くことができなかったのですが、今後の旅行は
チビ連れになるので行けそうにありませんね〜。
今、思えば行ってみればよかったかも(笑)
Posted by グーグー at 2010年04月13日 10:04
>omiさん
あ、別にお勧めスポットと云うわけでは、ありませんので〜(笑)
飾り窓は、アントワープの港近くにもあります。
ここは、私は歩くのは躊躇われますが、車で通ったことはあります、へへ。
ブラッセルの北駅のところは、歩いても平気な感じです。
お昼のことですがね。
Posted by Q at 2010年04月14日 18:37
>グーグーさん
ふふふ、行っておいたほうがよかった、というほどのところではないと思いますよ。
日本人には、珍しくはありますが、あまり気分の良いところではないです。

ベルギーには、もっと楽しいところがいろいろありますからね〜。

Posted by Q at 2010年04月14日 18:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146351971

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。